と言っても、男女のそれではなく、ちょっとした人との出会いです。
いつも付き合いの長さは親交の深さとは比例しない。
と思っていますが、、、

キリは私と同じ年だけど、知り合ったのは26年前!
当時イタリア車を探してた私は、ある雑誌に載っていたランチアに興味があって、調布市にあるショップに電話したのが付き合いの始まり。

その時に、そのランチアをこのキリから購入。
キリは遠路遥々京都の片田舎までランチアに乗って来てくれた。
それから暫く付き合いは途絶えていたけれど、たまたま見ていたショップの在庫車種に、ん?これって?
と思い電話したんだけど、そのショップのオーナーがこのキリの後輩で、是非引き取って下さいよ。
な話になって、来たのがこれ

キリとその後輩のリトコバが、仕事を休んで世田谷から舞鶴まで文字通りトコトコ走って持ってきた!
持って来たんだけど、価格も判らないし、帰りにどうして帰るのかも判らない!
で、結局、私のランチアと交換する事になったんだけど、500とランチアの交換なんて聞いた事がないし、この先も無いだろう!

今もキリともリトコバとも付き合いは続いてて、舞鶴にもよく遊びに来るし、私も関東方面に行けば必ず顔を出す。
1年に一度位しか会わないけれど、今でも26年前のランチア納車も、500の納車も昨日の事のように思えるから不思議ですね

この記事を書いた人

橋 豊
橋 豊Yutaka Hashi
現店舗に移転をしてからは、あまり流行だけを追わずに、お客様の良さを引き出す事に集中しています。