アイスアイロン!と言うのが最近巷でも取沙汰されてて、アッピアでも早速モニターテストをしてみました。アイロンと言うと縮毛矯正のようなイメージですが、このアイスアイロンはキューティクルの収斂を促進するだけのもの。スイッチを入れて10分程でアイロンの表面温度はマイナス20℃程に落ちますが、髪に当ててプレスする度温度が上昇して最終的にマイナス2~3℃辺りまで上昇してしまった。講師の先生は何ら効果に差はありません!と言うが、それならマイナス20℃まで下げる必要はないのでは?と思われる説明。美容業界は、水素水や炭酸水、ノンシリコンから加水分解シリコン等、次から次へ商品が出ますが、ロジカルに判断して導入しないといけない時代になりましたね、、、

15/04/28 19:21:57

15/04/28 19:21:57

この記事を書いた人

橋 豊
橋 豊Yutaka Hashi
現店舗に移転をしてからは、あまり流行だけを追わずに、お客様の良さを引き出す事に集中しています。